メルマガはそんなにとってないのですが、前の会社の配信サービスを使ってもらっていた
よしみで(今は違う?)、元ワイキューブの安田さんのメルマガをずっと取っています。

その中で、自分が最近考えることを文字にしてくれているなぁと感じたので、
編集部のOKをもらって、転載させてもらいました。




いつの頃からか、
「働く=雇われる」という図式が出来上がってしまった。
社会に出たら働くことは常識であるが、
就職することは常識ではない。
数ある働き方の中のひとつの選択肢に過ぎない就職が、
たったひとつの答えであるかのように信じ込まされている。
しかもかなり偏った形で。

リクナビ、マイナビという新卒求人サイトに
掲載されている社数は、
両媒体を合わせても2〜3万社に過ぎない。
日本には300万社を越える会社があるが、
掲載されているのはその百分の一にも満たないのだ。
にもかかわらず、
多くの学生はその中のどこかに就職することが
唯一の選択肢であると信じている。

ではそれ以外の99%の会社に入社することは不可能なのか。
いや、もちろん、そんなはずはない。
それはリクナビ・マイナビに掲載していない会社であって、
採用を拒絶している会社ではないからだ。
優秀な学生が入社したいと門を叩けば
採用してくれる会社はいくらでもあるだろう。

ナビに掲載されていない会社に就職することが可能であるように、
就職せずに働くこともまた可能である。
社会には実に様々な職業があり、
選択肢は無限と言って良いほどある。
自分で会社を立ち上げるもよし、小説家になるのもよし、
占い師になるのもよし、なのである。

(中略)

「そんな人はごく少数だ」「そんな考え方は非常識だ」と
罵られそうであるが、よくよく考えてもらいたい。
1%にも満たない掲載企業の中から就職先を選び出し、
無理矢理志望動機をひねり出すことと、
世の中を広く見渡して自分がやりたいことを見つけていく活動。
一体どちらが非常識なのか。

(中略)

もちろん、そういう生き方を選ぶことも本人の自由である。
だが卒業した学生の大半がそのような生き方を選ぶというのは、
ちょっと異常ではないだろうか。
「正社員になれ」「正規雇用を増やせ」「正社員以外は負け組」
という非常に偏った常識が、この国の若者を苦しめているのだ。

自分の得意なことで人の役に立ち、お礼として金銭を受け取る。
仕事とは突き詰めればそれだけのことだ。
どこで働いてもいいし、何をやってもいい。
働く方法など無限に存在するのである。
もっと多くの若者が、雇われない生き方を真剣に模索する社会。
その方がずっとまともであると思えてならない。

(後略)

 

僕も会社員生活が長かったので、働く=正社員として雇われる、に対して
ずっと違和感を持たずに生きてきました。

しかもそれはリクナビ/マイナビで探す、ということも、就活のときに疑うことはしませんでした。

ただ、この10年で合理化した就活の方法は、学生にも企業にも効率は良いのですが、
その結果、枠に収まらない学生の自信や尊厳を、ちょっと奪いすぎてるかもしれない・・・。

そんなことも思うので、書ききれてない意見もあるけど、
備忘録として残しておこうとブログにしました。


ちなみに、長かったので(後略)としましたが、後半は少し僕とは意見が違いました。
僕は、やりたいことが無い、という人はそれで全然良いと思っています。
会社員でいるウチに、20年経ってやりたいことが見えてくるかもしれない。いいじゃない。

安田さんもそう思ってるかもしれないけど、文章見ると、会社員で
いつづけるのはダメって論調に受け止められそうでした。

やりたいことが無いなら、むしろ会社員とはとてもよい選択肢だと思っています。


ただ、独立してみると、独立している人に出会う機会が増えて、意外に世の中
会社員という枠組み以外で生きている人が多いことに気付きます。

独立という選択肢に臆病になる気持ちも、分からないではないけど、
稼ぎどうするかと、ドキドキしながら生きていく感じも、
一生懸命人生を生きている感じがして、面白いものじゃないかと最近思います


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

掲載していいですか?って編集部に聞いたら、メルマガのリンクも
貼ってねってことだったので、下記に元ネタ紹介しておきます。
 
安田さん、勝手に中略してすみません。。
 
=========================================

■安田佳生メールマガジン 登録フォーム

■BFI Blog/YASDAS

■BFI Facebookページ

=========================================